おすすめの本を紹介します
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき |玉田 俊平太 /伊豆原 弓 /クレイトン・クリステンセン
イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすときイノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき
玉田 俊平太 /伊豆原 弓 /クレイトン・クリステンセン
翔泳社 刊
発売日 2001-07

顧客の意見に熱心に耳を傾け、新技術への投資を積極的に行い、常に高品質の製品やサービスを提供している業界トップの優良企業。ところが、その優れた経営のために失敗を招き、トップの地位を失ってしまう――。本書は、大手企業に必ず訪れるというこの「ジレンマ」を解き明かしベストセラーになった原著、『The Innovator's Dilemma』の増補改訂版である。
ハーバード・ビジネス・スクールの教授である著者は、この逆説的なコンセプトを、学問的体系に基づいた緻密な論理構成によって実証している。事例として取り上げるのは、ディスク・ドライブや掘削機といった業界のほかに、ホンダが進出した北米市場やインテルが支配したマイクロ・プロセッサ市場など。それぞれの業界で起きた「破壊的イノベーション」を検証し、それに対処できない大手企業の宿命ともいえる法則を導き出している。
優れた経営とされてきたものが、「破壊的イノベーション」の前ではすべて無効になり、逆にマイナスの価値さえもちうるという指摘にはただ驚かされる。その点で本書は究極のイノベーション論であり、イノベーション・マネジメントの新境地を切り開いたものとして画期的な論考である。
「ジレンマは、解決できる」として著者が示す処方箋は、「成功体験」をもつ企業のトップはもちろん、イノベーションにかかわるすべての企業人にも必読の内容である。増補された「グループ討論の手引き」は研修のテキストにも活用できる。利用価値の高い1冊だ。(棚上 勉)

新技術のダイナミズムを納得の1冊 2002-03-05
発刊時に色々な書評で絶賛されていたのは知っていたが、
やっと読みました。テクノロジーの革新を破壊的技術と持続的技術の2つと
とらえ、ある破壊的(革新的)技術をもった企業がいかに上位市場へ
攻め上げ、逆に、昔は破壊的技術で勢いに乗っていたエクセレント企業
が持続的技術の洗練に向かわざるを得ないのか、なぜ没落するのか、を説明している。つまり、革新的技術のダイナミズムと、その技術を代表する
企業群のダイナミズムのメカニズムを説きあかしたといえるのでは
ないでしょうか。その結論はにわかには信じがたいが、実証研究をい重ね
合理的な説明をこれでもか、というほど読者に提供し、説得力がある。ただ、インターネット時代に出るべくして出た研究かな、という気もするが、
著者は、この辺も怠りなく、新しい技術だけでなく、技術の交代と企業の
交代は技術や製品を問わず、自説を適応できるとしている。
ホンダやソニーの逸話がでてくるのはうれしい。目からうろこが落ちる、とは本書のことだろうか。


さらに詳しい情報はコチラ≫





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
経済
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。