おすすめの本を紹介します
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事のヒント |神田 昌典
仕事のヒント仕事のヒント
神田 昌典
フォレスト出版 刊
発売日 2005-09-21



長く役立ちそう、そして、息の長いベストセラーとなりそう。 2005-11-02
買ったその日にざっと読み終える。それだけで終わる本も多い。が本書は違った。解説に書かれていたとおり、勤務先のデスクの上に置いていて、出勤時、帰宅時にぱっと開いたページの見開きを読む。読むのにかかる時間は、たかだか1分くらいだ。そこからヒントが得られる。実に練られたヒントであり、その日の自分の仕事の状況に反省を迫られ、路線変換を行う気になったりとか、あるいは、中長期的に自分はどういう仕事をして価値を実現するのかということを考え直すきっかけを与えられたりする。才覚のある人は、この本の一言がぴたっとはまって、それで大儲けなんてことにもなるのかもしれない。ぼくの場合は、それほど大それたことにはならないけれど、この一冊に出会い、毎日、ぱっとページを開き、そこに書かれているヒントに触れることで、より正しく、そして、少しでも価値を高められる、そんな仕事につながるような気がする。この本のおかげで、朝と夜、自分の仕事の課題、仕事ぶりを振り返る・・というともすれば簡単なことなのに習慣化しなかったことが、習慣になりつつある。そのようなことが習慣化する。世の中の勤め人は当たり前にやっていることかもしれないが、ぼくに場合には、三日坊主ばかりであったから、実に画期的だ。コストパフォーマンスも、また、読んだ時間あたりのパフォーマンスもとても良く、自分も長くこの本を勤務先の机には常備するだろうし、こういう本は、息の長いベストセラーになると思う。


さらに詳しい情報はコチラ≫





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
経済
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。